「 坊海道 」一覧

市が篠原町内に持つ2600平米の「再開発用地」、スポーツ推進へ暫定開放なるか

市が篠原町内に持つ2600平米の「再開発用地」、スポーツ推進へ暫定開放なるか

篠原町に更地のままで置かれている市の再開発用地は、「スポーツの場」として開放されることはあるのでしょうか。横浜市は先月(2018年2月)、市内でスポーツができる環境づくりを進めるため、市が保有する土地のうち、暫定利用が可 ...

燃料配送で知られる篠原町の三和エナジー、本社事務所を新横浜2のビルへ移転

燃料配送で知られる篠原町の三和エナジー、本社事務所を新横浜2のビルへ移転

篠原町に本社を置く三和エナジー株式会社(浅田育男社長)は、来月(2018年2月)13日から本社事務所を新横浜2丁目にある「フォンターナ新横浜」の5階へ移転すると発表しました。 公式サイトによると、三和エナジーは、軽油や重 ...

篠原口から徒歩7~8分、丘を切り拓いた「グローイングスクエア新横浜」の2戸を販売

篠原口から徒歩7~8分、丘を切り拓いた「グローイングスクエア新横浜」の2戸を販売

新横浜駅の篠原口から徒歩7~8分、篠原町の丘を切り拓いた16棟の建売分譲地「グローイングスクエア新横浜」の第二期として2棟が販売されています。 篠原口から岸根公園方面へ抜ける坊海道(ぼうがやと)と呼ばれる主要道沿いで、か ...

篠原口側の“新横浜駅南部地区”、2017年度は再開発事業の「準備組合」設立目指す

篠原口側の“新横浜駅南部地区”、2017年度は再開発事業の「準備組合」設立目指す

新横浜駅篠原口側の再開発計画地域「新横浜駅南部地区」について、横浜市都市整備局は2017年度に昨年度より50万円多い918万円の予算を計上し、駅前エリアの地権者と引き続き意見交換会や勉強会を行いながら、再開発事業を行うた ...

もう一つの新横浜駅、篠原口のレトロな2店で「ちゃんぽん」と「唐揚げ」を味わう

もう一つの新横浜駅、篠原口のレトロな2店で「ちゃんぽん」と「唐揚げ」を味わう

【グルメレポート第9回:2017年2月13日「新横浜編3」】同じ新横浜駅でもJR横浜線の「篠原口」や市営地下鉄ブルーラインの「2番出入口」から篠原町(大豆戸町)側に出てしまったら、狭い道路と緑の多さに「本当にここが新幹線 ...