「 入試 」一覧

きょう2/12(月・祝)から19(日)まで日吉キャンパスで2018年の慶應一般入試

きょう2/12(月・祝)から19(日)まで日吉キャンパスで2018年の慶應一般入試

慶應義塾大学の2018年の一般入学試験がきょう(2018年2月)12日(月・祝)の「理工学部」を皮切りに、19日(月)の「医学部」まで日吉キャンパスで連日予定されています。 同大学では、看護医療学部と薬学部を除く各学部と ...

<志願変更後の2018年競争率>港北高と新羽高で緩和、岸根高は変わらず

<志願変更後の2018年競争率>港北高と新羽高で緩和、岸根高は変わらず

来週(2018年2月)14日(水)に学力試験(平成30年度)が行われる神奈川県立と横浜市立の公立高校入試で、きのう7日に志願変更が締め切られた後の競争率が県から発表されました。昨年と比べ志願者が増えていた港北高校(大倉山 ...

<2018年公立高入試>今年は港北と新羽の志願者が増加、変更は2/5(月)から3日間

<2018年公立高入試>今年は港北と新羽の志願者が増加、変更は2/5(月)から3日間

今月(2018年2月)14日(水)に学力試験(平成30年度)が行われる神奈川県立と横浜市立などの公立高校で、先月31日時点での競争倍率が発表されました。今年は現時点で港北高校(大倉山7)の競争率が高く、新羽高校(新羽町) ...

<公立高の確定倍率>港北への志願変更が増加、新羽も増え、岸根は若干緩和

<公立高の確定倍率>港北への志願変更が増加、新羽も増え、岸根は若干緩和

今月(2017年2月)15日(水)に入学試験が行われる神奈川県立と横浜市立など公立高校の確定倍率が神奈川県から発表されました。今月6日(月)から8日(水)まで志願変更期間を経て、港北高校(大倉山駅徒歩16分、新羽駅徒歩1 ...

<公立高の確定倍率>港北への志願変更が増加、新羽も増え、岸根は1.36倍に

<公立高の確定倍率>港北への志願変更が増加、新羽も増え、岸根は1.36倍に

今月(2017年2月)15日(水)に入学試験が行われる神奈川県立と横浜市立など公立高校の確定倍率が神奈川県から発表されました。今月6日(月)から8日(水)まで志願変更期間を経て、港北高校(大倉山駅徒歩16分、新羽駅徒歩1 ...

<私立高の中間志願状況>慶應塾高・日大高とも昨年下回る、法政二の女子は堅調

<私立高の中間志願状況>慶應塾高・日大高とも昨年下回る、法政二の女子は堅調

神奈川県は県内私立高校の今月(2017年2月)1日(水)15時現在の志願状況(推薦を除く一般公募分)を発表しました。日吉周辺と港北区内にある私立高校は多くが昨年(2016年)同時期の倍率より下回っている状況でした。 1日 ...

<私立高の中間志願状況>港北区内は慶應・日大・高木女子で昨年下回る

<私立高の中間志願状況>港北区内は慶應・日大・高木女子で昨年下回る

神奈川県は県内私立高校の今月(2017年2月)1日(水)15時現在の志願状況(推薦を除く一般公募分)を発表しました。港北区内にある私立高校は多くが昨年(2016年)同時期の倍率より下回っている状況でした。 1日時点で慶應 ...

<2017年公立高入試>岸根が人気で港北は減少、新羽微減、翠嵐は2.12倍に

<2017年公立高入試>岸根が人気で港北は減少、新羽微減、翠嵐は2.12倍に

今月(2017年2月)15日(水)に入学試験が行われる神奈川県立と横浜市立など公立高校の1日時点での競争倍率が発表され、横浜翠嵐(すいらん、反町駅徒歩18分)は昨年度より0.08ポイント減となる2.12倍で市内トップ。川 ...

<2017年公立高入試>岸根が人気で港北は減少、住吉微減、翠嵐は2.12倍に

<2017年公立高入試>岸根が人気で港北は減少、住吉微減、翠嵐は2.12倍に

今月(2017年2月)15日(水)に入学試験が行われる神奈川県立と横浜市立など公立高校の1日時点での競争倍率が発表され、横浜翠嵐(すいらん、反町駅徒歩18分)は昨年度より0.08ポイント減となる2.12倍で市内トップ。川 ...

1/22(日)から日吉の2017年入試シーズン、慶應大は2/12(日)から19(日)まで

1/22(日)から日吉の2017年入試シーズン、慶應大は2/12(日)から19(日)まで

日吉では来週(2017年1月)22日(日)の日本大学高校(箕輪町2)の推薦入学試験を皮切りに、2017年の入試シーズンが始まります。 慶應義塾大学では、看護医療学部と薬学部を除く各学部が日吉キャンパスを入学試験会場として ...